131227 安倍首相の靖国参拝

 安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初            
 安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝する。
首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。
首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と
表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミング
を探っていた。「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続け
た首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい
引用先;MSN産経ニュース 2013.12.26 10:26

寒々とした この年の瀬、安倍首相が靖国神社に参拝した。   
6年前の第1次政権時に参拝しなかったのが「痛恨の極み」  
  としていた阿部首相は 宿願を果たし,決まり文句の   
    「英霊に尊崇の念を表するのは当然のこと」で締めた。

はて? 第2次政権まで6年も暇があったのに どうして?? 
ははーん!野党時代には英霊に尊崇の念が湧かないんだろうね。
総理大臣になると、急に英霊に尊崇の念が湧く性格、なんだね。

私のような戦中派は、                   
英霊に祭り上げられた戦死者の無念を思う心の反作用なのか  
 靖国という言葉に嫌悪感があり、参拝する気持ちは湧かない。
 昭和天皇がご親拝をお取りやめになった故、なおさらの事だ。

戦後派の国会議員達が、千鳥ケ淵墓苑でなく靖国参拝する心根、
   それは、自分のような苦難の戦中派にとって、深い謎だ。



写真左:靖国神社に参拝する安倍首相.引用先 http://hongkong.keizai.biz/gpnews/46141/      
写真右:事後所信を述べる安倍首相. 引用先 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2089704.html


トップページ戻る