131231 新聞記事?それとも広告?

 「インフルエンザ流行の兆し 患者8週連続増 ワクチン、仕事帰りの接種多く
 インフルエンザが流行の兆しを見せている。全国の定点医療機関から毎週報告される
患者数は、・・・全国的な流行開始の指標とされる1.00人に迫っている。      
「仕事が忙しくワクチン接種の時間がない」という声も多いなか、平日夜間に接種を
受け付ける医療機関にはサラリーマンらが駆け付けている。            
 インフルエンザはワクチン接種によって重症化を防ぐことができるとされる。 医療
機関での接種費用は1回当たり3千〜4千円程度。                
 国立国際医療研究センター和田耕治医師は・「ワクチン接種を受ける気があっても、
仕事が妨げになっているとみられる」と指摘する。                
 東京都渋谷区のクリニックは平日は午後10時まで診療を行って接種を受け付けており
・・午後9時すぎ同クリニックの待合室はスーツ姿のサラリーマンら20人超で埋まって
いた。・・・昨年インフルエンザにかかり39度を超える発熱に苦しんだという江東区の
男性会社員(29)は「今年は予防のため早めに接種に来た」と話していた。     
写真:仕事帰りに予防接種を受ける男性(3日、東京渋谷区の渋谷プ????クリニック)
             日本経済新聞Web刊 12月29日 速報 > 社会 > 記事 より抜粋             
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2406L_V21C13A2CC0000/   
    

 上掲は、さる大新聞の 最近の速報記事から抜粋した文章である。      
一見、サラリーマンを対象にした サービス情報記事のように思えるのだが、読み
返してみると、巧妙に組み立てた広告記事であることが分かるのだ。      

 まず、インフルエンザが大流行しそうだ!と危機感を盛り上げている。    
次に、会社帰りにワクチン接種できる医療機関にみんな行ってるよ、と誘いかけ、
インフルエンザはワクチン接種によって重症化を防ぐことができる、とアピール。
国立医療研究センターという権威を背景に、ワクチン接種の義務感を植え付ける。
 一転して、会社帰りにワクチン接種ができる 渋谷の医療機関のインタビュー。
添付した情景写真の説明文に さりげなく、その医療機関の固有名をPRしている。

 なぜ、この新聞は そこまでインフルエンザワクチン接種を推奨するのだろう?
昨今、インフルエンザワクチンが感染予防に無力であることは、厚労省でさえ認め
ており、NHKでも「ワクチン効果低いと見られる」という番組を放送している。 
しかし重症化を防げる、と書いてあるが、医学的根拠はなく 単なる風説だ。 
昨今、インフルエンザワクチンが感染予防に無力であることは、厚労省でさえ認め
ており、NHKでも「ワクチン効果低いと見られる」という番組を放送している。 
 でも重症化を防げる、と書いているが、医学的根拠はなく 単なる風説だ。  

 はっきりしていのはインフルエンザワクチンは薬九層倍の典型、という事実だ。
インフルエンザワクチンの製造原価は、1cc(2回分)で350円である。   
それを流通業者から医療機関は1000円で入手する。つまり1回分500円だ。

 なのに、多くの医療機関は、1回あたり4000円とか5000円を請求する。
原価500円の何と10倍、注射するごとにお金が転がり込む仕掛けだ。 そして
ワクチン接種が増えるほど、製造業者も流通業者も大儲けで笑いが止まらない。 

 我が国有数の新聞が、どうして こんな悪徳商法の加担をするのだろう。   
予防接種1回あたり1000円前後の良心的な医療機関もあるのだから、そういう
事実を背景に 割高な医療機関を批判するのが新聞の役割だと思うのだが・・・。

 ジャーナリズムが商業主義に堕落した昨今、嘆いても詮なきことか? 


 
写真左:NHKTV番組画面:http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/110759.html 
写真右:冒頭の新聞記事に添付されているサラリーマン予防接種風景.    
          そのほかの参考文献
http://ameblo.jp/yamagata12345/entry-10004123581.htmlおくすりあれこれ
http://d.hatena.ne.jp/mori_masato/20111005/1317842666上ところ診療所
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20050910新小児科医のつぶやき
http://blog.livedoor.jp/hanakonanjo/archives/51978922.html 楠城華子Blog

トップページ戻る