140914 川内原発の事故対処は「国責任」だってさ

 政府は12日、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)の再稼働を進めるとする
政府方針を示した文書を、立地自治体の鹿児島県と薩摩川内市に渡した。      
 政府方針は、原発事故が起きた場合「政府は責任をもって対処する」など、地元不安
に配慮した表現を明記。再稼働や事故対応に国が関与する姿勢を鮮明にすることで、再
稼働への地元同意取り付けの地ならしを進めたい考えだ。             
小渕優子経済産業相名の文書を県庁で渡された伊藤祐一郎知事は、記者会見で政府方針
を高く評価。薩摩川内市役所で受け取った岩切秀雄市長も「安全性に国が責任を持つこ
とが確認できた」と語り、県市とも、住民説明会など地元同意の手続きを加速させる。
  以上、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000157-mai-pol        
               毎日新聞 9月12日(金)23時41分配信        
                          

へーっ!そうなんだ。今年中に再稼働予定の川内原発が         
      もし事故ったら「政府が責任をもって対処する」んだってさ。

福島で起きた原発事故も「政府は責任をもって対処している」らしいよ。
事故後3年半、未だ仮設住宅で暮らす人や他県避難の人達は毎日苦しんでるよ。

経産大臣にお伺いしますが、いったいどん責任、どんな対処なんですかい?
具体的に説明できりゃ大したもんだが、そんな能力はなさそうだねえ。
まあ仮に事故っても、その時はもう経産大臣辞めてるから、気楽な稼業だよね。

一方の地元の県や市も「安全性に責任を持つ国の姿勢を高く評価する」だってさ。
今の世の中、一番当てにならないのが国の方針や約束だと言うのにねえ。

自らの目で事実分析し問題摘把握、なんて自主自立精神など微塵もないよな。
まあ何があっても責任は政府持ちだから、こちらもその日暮らしの気楽な稼業さ。

かくてこの国は、形だけの建前を取り繕って、後はお金だけで動く低次元な国なのさ。
そして人間にとって大切なものが失われモラル崩壊した3流国に転落して行くんだね。
倫理的観点から原発廃止を決め、国の借金もゼロになった一流国家ドイツが羨ましいよ。

薩摩隼人とか肥後モッコスとか大和魂なんて「とっくに死語でごんす」と、
西郷さんの銅像が、今日も雨に打たれて泣いてるそうな。



写真引用先 左:TBS News  中央:毎日新聞  右;http://blogs.yahoo.co.jp/asamin_sdf/31907768.html

                 
文頭に戻る   
トップページ戻る