171112弱者バッシングの井戸端評論家たち

先の金曜日の午後、民放テレビのニュースショーを見ていたら、あいも変わらぬ「井戸端会議」だよ。

野党議員”Y”氏が、以前不倫指摘された弁護士を最近顧問にした問題を取り上げているんだが、
司会”S”氏の音頭で、”H”氏ほかコメンティター全員が非難轟々、まるで集団バッシングの様相だったよ。

とりわけ、”Y”議員が「今後は”私”的側面への下品な好奇心には対応しない」と言った点を問題視、
国会議員は公人だから、プライバシーも自ずから制約を受けるのは当然!、と息巻いているようだった。

確かに国会議員は公人であり公僕だから、私的行為であっても公共の利害を損なうことは許されまい。
しかし、”Y”議員の言動は多くの人の感情に抵触するものの、公共の利害を損なうとは言えないだろう。

ところで、このような公人の公私混同については、もっと大きな問題が起こっているんだぜ。
日本国総理の”A”氏は、先月17日、靖国神社の秋季例大祭に、内閣総理大臣名で、真榊を奉納した。
以前は多少遠慮気味に「内閣総理大臣たる”A”」と記名していたが、今や「内閣総理大臣”A”」だよ。

“N”官房副長官は「私人としての行為」であり、「肩書を付すことは地位にある個人の慣例」と、とぼけたもんさ。
それにしても、こういう時に限って、客引きパンダで有名な”K”官房副長官は何もコメントしないんだよなあ。

「井戸端会議」のコメンティター諸君!公私問題を取り上げるなら、こっちじゃないのかい?

内閣総理大臣といえば国の顔、その言動の可否は、私的といえども国家的問題になりかねないのだ。
一介の野党議員をバッシングしていないで、こんな大物をバッシングしてみたらどうなんだい?

まさか、立場の弱い人間はバッシングできても、権力者は怖くてできない・・・、なのかい?
だったら、やっぱり君たちは弱者バッシングレベルの井戸端評論家に過ぎないぜよ。



171027無神経に有害情報流すNHKニュース

昨日の朝食時、NHK定時ニュースを何げなく見ていてギョッとした。

妙齢の女性アナウンサーが、ある殺人事件の捜査状況の説明の中で、
「容疑者が『女性をナイフで突き刺して苦しむ顔が見たかった』と自白・・・」
なんて、平然としゃべるので、思わず吐き気を催してしまったよ。

朝の7時だよ!!登校前の小中学生や登園前の幼稚園児が見ているかもしれないんだよ!!
『突き刺した女性の苦しむ顔が見たい』なんて恐ろしい文言を、若い女性アナウンサーが平然とさあ!

警察発表の調書内容を噛み砕かず、そのままお茶の間に撒き散らす無神経さには呆れるよ。
お上に都合の悪いニュースなんかは、噛み砕くどころか、恣意的に捻じ曲げるくせにさあ。

NHKってさあ、もう少し知性的で啓発的で有益な情報を
あまねく提供する公共放送じゃなかったのかい!

おとなしく料金を払っているんだからさあ、せめて害毒だけは流さないでおくれよ。



171018最高裁判事国民審査って、なあーに?

毎度のことだけど、最高裁判事国民審査って、影が薄いよねえ。

先日衆院選の期日前投票に出かけたんだけどさ、
投票所で見かけた年配ご夫婦の会話に、やっぱりな!と思ったよ。

国民審査投票用紙を手にした奥さんが、ご主人に「これって一体なあに?」
するとご主人曰く、「そのまま投票箱に入れときゃいいんだよ」、だってさあ!

最高裁判事の罷免も可能な権利を無頓着に放棄するなんて
驚くべき民度の低さ!、としか言いようがないよ。
自分で判断できないのなら、投票用紙を持ち帰るとかして棄権すればいいのにさ。

だけどねえ、レベルの低さは行政の方だってひけをとらないよ。

だって、投票が始まっているというのに、国民審査広報が公表されてないんだよ。
期日前投票初日、地元所沢市はおろか埼玉県のホームページにも広報が見当たらない。
投票が始まっているのに冗談じゃない!と、総務省のホームペジを開いて、また驚いたよ。

何ということか、最高裁判事国民審査広報は「ただ今準備中、しばらくお待ち下さい」だってさ。
午後になって、ようやく判事7人の名前は掲載されたが、経歴も何もなし。呆れたもんだよ。



結局、翌12日の午後、ようやく県のホームページに広報が掲載されたという体たらくさ。

それにしても、早々に期日前投票した人は、どうして広報なしで投票できたんだろう?
どうやら投票所の中で広報のコピーが見られたらしいが、
読むだけで1時間はかかる広報を立ち読みできるわけがなかろうが!

ということは、先のご夫婦のように何の意思表示もなしに投票していたのかねえ。
何ともこの国は行政も選挙民も低次元で、三権分立は教科書の中だけの空文ということか?

ところで最高裁判事国民審査の投票用紙って、何故折りたたみじゃないんだろう?
投票箱に入れるまで中身が丸見えだから、氣の弱い人は困ってしまうだろうねえ。

議員の投票用紙は二つ折りできるに、判事のはできないって、何か理由があるのかな?

トップページ戻る