なんとも殺風景な街路樹の光景 120418
         えせ造園業の横行による並木の荒廃

街路樹の目的は何かと言えば                     
1. 沿道に彩りを与え 季節感でうるおいをもたらすなど 街の美観     
2. 緑陰の形成で 夏の日差を和らげたり CO2吸収など 環境保全
     3. 車と歩行者の分離や ヘッドライト防眩効果など 交通安全向上
  そのほか いろいろな目的があるはずなんだけど
             そういう目的にかなった街路樹が どんどん減ってると思う

それどころか 強剪定された醜悪な樹形の街路樹がどんどん増殖しているので
最近は 並木道を歩くと滅入った気分になることが多いんだよねえ

<街路樹の役割について説明した参考文献例>
http://blogs.yahoo.co.jp/orenohanashiokike/61767099.html 街路樹の役割
http://homepage3.nifty.com/sinjyu/newpage15.htm 街路樹が植えられている訳
http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000079886.html 京都市 街路樹の役割




たとえば このグロテスクな並木を見てよ

筆者が住む埼玉県南端のTZ市なんだけどさ(恥だから実名は言わない)
割り箸を束ねたようなケヤ、折れ曲がったフォよークのようなコブシ、などなど
プロの樹木剪定業者の手によるもの とは到底思えないよねえ

強剪定され 本来の樹形どころか 樹木としての形態も失った 並木の光景
市や業界の関係者が 何とも思わないのが 不思議というか 不可解というか




それに引き換え こっちの並木は

一見して 日本の並木道じゃないことが 分かるよねえ?
これは ヨーロッパの並木だけど T市のと 何が違うんだろう? 
もちろん 街路樹だから剪定は不可欠だし けっこう枝を払っている
だけど 樹形の維持や周囲景観との調和に留意して 剪定しているよねえ
こういう仕をやるのが 木を知る 本物のアーボリスト(街路樹剪定士)だと思うよ




ところで この写真 どういうことか分かるかなあ?

実は T市の市営浄水場敷地の カシの木が全滅 という惨状なんだよね

この浄水場のには 構内やフェンス際に カシの木がたくさん植えられているんだけど
一昨年の冬の剪定業者が 何と葉を1枚も残さず強剪定してしまったんだよ

常緑樹って 冬も生きてるから 葉が必要だってことくらい 植木のイロハだよねえ
そんな基礎知識もない業者が 造園業面して作業しているとは!!
まさか 市は業者に弁償請求をしたんだろうねえ




日本の街路樹は なぜ荒廃するのだろうか?

並木道などの街路樹の荒廃は 単にT市だけでなく 全国的な問題のようだ
もともと我が国には 欧米のアーボリストのような街路樹スペシャリストが少なく
街路樹の剪定は 造園業と林業関係業者が適当に手分けしてやっているらしいが
造園業は高木の剪定苦手だし、林業は多様な樹木知識に乏しいという問題がある
< http://www.arborjapan.com/company/company.html

さらに最近の公共予算縮減で 儲け主義の業者が安い見積もりで入札を勝ち取り
受注した後は 安いだけで剪定技術の全くない下請けに丸投げするらしい
かくして公共の樹木は次第に醜くグロテスクなオブジェになりは果てるのだ

その辺りの事情について 剪定に携わっている業者の声

業者その1
はっきり言えば 強剪定は安い費用でできるので(つい)選んでしまう
しかしその後の景観は散々だ
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/2252-7c80.html

業者その2
1本単価で請けてるので 1日何本切るかで利益が出るのだから
本数を稼がなければならない
http://www48.tok2.com/home/artgarden/sentei.htm

業者その3
こんなのは「剪定」とは言わず ただの「枝伐り」でしょう
何も考えずにバサバサ落とせばいいので 通常の2〜3倍は進むでしょう
http://miyamoto677.blog19.fc2.com/page-15.html

要するに 真面目な業者が真面目に仕事をする 状況ではなくなっているのだ
その意味では 街路樹を管理する行政側の 無思想無責任も問題だろうね





思うんだけれど
予算が少ないからと言って 下手な剪定で良い訳はない
下手くそな剪定で樹形を失った木には 存在価値がないからだ

丁寧な剪定をすれば 樹形も維持できるし 剪定の回数も減らせる
行政は 多少単価が上がっても 剪定資格のある良心的な業者を選ぶべきだ

やみくもに木の本数を増やして乱雑に扱うより
多少本数を減らしてでも 一本一本を丁寧に扱う方が人の心も和む

樹木を大切に出来ないのなら 樹木を植える必要もないし 植える資格もない
公園の樹木や並木の大切さを もう一度みんなで考え直すべきでは?

110805     
120418 書き直し

ページの冒頭に戻る
トップページに戻る